発散部屋124

発散部屋4にバック







今や介護問題は避けて通れない

国民全体のカルマみたいなもの

年齢にもよるけど4人とも両親は既に

見送ったという人は少ないだろうから

大きな大きな社会問題になったよね

介護を一度もしなくて親を見送った

という人は稀だよ





親が子供の傍にいる場合は少し楽かもしれない

親に年金や資金に余裕があるなら

迷わず介護施設に入れてあげる

お金はかかるけどあちらにはスタッフや

年代の近い御老人たちもいるんだから

覗きに行ってあげるのがベターだと思う

核家族のデメリットが今出てきてるよね






出来るだけ仕事は辞めない方が良いと思うね

介護休暇もあるから そこらも利用する

最長93日 約3か月

辞める選択肢は最終最後だよ

会社にとっても有益な人材になっておこう






辞めると中々自分を取り戻せなくなりやすいし

再就職がむずかしくなるからね

仕事をしてないブランクは意外と大きいよ

介護を理由で辞めるということ

意外と心証は悪いから

会社は他に選択肢があるだろうと捉える

今の時世を甘く考えない方が良い






別の場所で一からというのも厳しいし

運よく再就職出来たらだけどね

特別なキャリアでも身に着けていないと厳しいから

色々と知恵を絞らないとこんな筈では  

が起きる

仕事があるというのは収入面だけでなく

生きがいになり心の安定が図れるからね





男性は特にいかなる理由があれ仕事を持たないと

一人前に見てもらえないんだ 残念ながら

定年で辞めた場合は別だけど

それでも再度仕事を持つ人は今はかなり増えた

自分の尊厳を守る為と社会貢献

まだまだこの国の構造は縦社会だから

会社は親より仕事だろうと捉えるところも多い

この思考は勤勉なこの国ならではの感覚







親は大事だけど後の自分の生き方を

考えておくのは凄く大切な事だと思う

親にお金と体力を使い果たして仕事も失くして

先はどうする? の問題も考えておく



財産家なら良いんだけどね

無事見送った後 勤務先に戻れて

同僚たちと過ごせる意味は大きいから






運悪く伴侶と別れてる もしくは独身貴族

独身貧乏になりやすいからね

1つのアクシデントで人は人生が変わるから

そうなるとおひとり様はキツイ







最近は離婚の離の字の会話も減った^^

先をやっと読めるようになったんだろう

わかると思うけど離婚を考えられるのは

まだ余裕のある時だけなんだよ

もしくは先が読めていない時

賢く生きなければいけない

そんなエネルギーがあるなら縁する他人様に

向けるべきだよ  自分の今後の為にね






ご商売を自宅でされている人たちは合間 合間に

代わる代わる看る人がいるだろうから

在宅介護でも何とかなるかもしれない





自分が先で年をとり子供に迷惑を

かけたくないのであれば

介護保険加入も選択肢の一つ

二重三重に色々な事を考えておかないと

いけなくなってきてる






今 中高年だと仮定して老後 子供に介護を

頼めるなんて思わない方がいいだろう

子供もその頃は親どころではなくなっていると

思ってるから

この保険についても別のページにかなり詳しく

触れているから良かったら一読を

かなり安心は買える








なってからでは無理な事の方が多いからね

介護はもはや想定外ではない

色々と貧窮しやすい材料も今後は揃い組

じわじわ色々なものが上がってきてる

毎月 毎月だよ ここのところ




庶民の楽しみのアルコール類も

酒税法も法律だから抜け駆けの安売りも

できなくなる

少しは買い込んだけど間に合わないよ

もう安売りはまずしないからね

したのがバレると販売する権利のはく奪がある

堰を切ったように上がり始めた

インフラも税金も気持ちよく上がってる





飲むのを止める訳にもいかないからね

上がり幅は意外と大きい

諸々の原材料や人件費が上がってきてるし

仕方がないんだけど

そのうちここらも当たり前になることだろう




もうそうしないと持たないところまで

来たということ

我々はそれらの事に逆らえる立場にない

仕方がないと諦めて生きるしかないからね

だから各方面で手を打つ必要がある

何度も何度も言ってきてるよ

本気で捉えた人たちは手を打っただろうけど

緩く考える人もいるから






今後上がるであろう部分を余分に稼ぐか

預貯金でしのぐようになるということ

どんどんボディブローのように効いてくる

自営業者は仕事を辞めると言わなくなった

厳しいのは今ではないのを

悟り始めた人達は






物の値段には主婦は超敏感

同じ分量で値段を上げると反応は大きい

でも量を少し減らして同じ値段だと

何故か仕方ないな と思う

これ人間の心理だよ






介護は みんなね 最初は自分が

何とかしなくてはと気負うんだ

でもね 年月が経つと気持ちは変わるよ

親が正直なところいつまで生きるのかが

読めないからね







介護資金は初期にも まとまって結構いるから 

ちょっとしんどいんだけど

大体のデーターだけど1か月6〜8万とあった

あくまで平均だ 介護認定の数値によっても

変わる

ここらは在宅介護の場合





自分でできれば看てあげたい なんて

奇麗ごとですまなくなる場合もあると思ってる

いずれ自分の時間がなくなり精神的に

追い詰められる場合も起きてくるんではないかと

認知が入った場合だけどね

危なくて目が離せなくなるかもしれない




大体65歳を過ぎると始まりやすい

5人に1人がなるとある


年を追うごとに雪だるま式に増える

80歳を過ぎると半数弱がなる

このデーターはちょっと恐ろしい

長生きは罪だね




一人では無理だろうと思うね

数人はいないとむずかしいだろう







大体1割負担が多いけどショートステイあたりなら

数千円 でも利用できるならした方が楽だと思う

余分目に見積もりしておいたら良いだろうね

本人の収入が総額で年300万過ぎてると2割

御老人でもご商売されてたら役員報酬を

もらってる人もいるから




4月から年代によったら費用が上がってると思うよ

上がり幅が問題なんだよ

上がりすぎる 少々じゃないよ

今後は思いきって上げてくるよ

パンク寸前なんだから





今後はゆっくり増えると考えておいたほうが良い

下がることはないよ まず

これについてもどこかの頁にかなり詳しく

書いてるから調べて欲しい






介護施設はピンからキリまで様々

持っている資金と相談する必要はある

各家庭の経済状況によって違うだろうしね




今後は老人だらけになるから

手を打つのは必ずまだ余裕のあるうちに

仕事を辞め資金が底を尽き始めてからでは遅いよ

本当に苦しくて泣くのは今ではない

これからだと思ってる






この問題は早目 早目に何とかしておかないと

詰まってくるよ

実は昔 管理人もあまりにも長引いたもので

逝ってくれないかなぁと何度も思ったのも事実





片方は医療費が恐ろしくかかったしね

普通の保険だけでは間に合わないんだよ


19年間というのは母親だけ

父親の認知の入った介護の期間を

含めるとゆうに20数年間という時間を費やした


よく頑張ったと思ってる

それでも2番目のカルマの事を思えば

ましだったけど







そんな事言わないし思わないと思った人は

病人が出るしんどさ 介護のしんどさを本当に知らない

2年や3年あたりなら良いんだよ まだ

恐ろしく長くなると本当にキツイから

途方に暮れるよ 



ただ管理人はどっぷり浸かったわけではなかったしね

病院や介護施設から離れると自由な自分の環境に

戻れたから何とかなった

でないと持たないよ メンタル面が







親の資金が底をつくとこっちにかかってくる

親とは勿論 離れて暮らしているから丸投げを選んだ

管理人は仕事を辞めなかったのと

若くて体力があったから何とか見送れただけだ



旦那も寛大だったし子供もいなかったし

妹が頑張ってくれたし

実は金銭的なものが一番苦しいんだよ

ここらで泣かされる





あの当時は情報がなくてね 右往左往したけど

両親で長期間 泣かされるのは結構辛い

親でないと看れないよ






地元の自治体のサービスやケアマネさん

あたりから情報を知恵をもらおう

一人で抱え込まない方がいいからね

リアルで介護しているお友達とも交流しておく

同じ環境にいる人とは話しやすい筈だから







老々介護が本当にキツイんだよね

介護は体力 気力がかなり必要になるから

仕事をもし辞めたら社会から切り離された

感じになると思うね

優雅に同僚たちとは遊びにくくなるだろう

1日中 介護ばかりしてたら気も滅入る

今じわじわ介護鬱 増えてるんだよ

これよくわかるんだ







介護してて認知や他の病気を発症した時

資金調達したくて親の家を売ろうとしても

なかなか売れないからね 今は特にそうだろう

年々この辺は厳しくなってきたと感じてる

更地でさえ地方は売れなくなってきた

売る気があるのなら 明日より今日だよ

みんなが欲しい場所でないとなかなか売れないけど







公的機関に早めに相談に行き

知恵をもらうのもありだと思う

切羽詰まってからでは何とかなることでも

ならなくなるから早めに手を打つ

凄く大事な事





リバースモーゲージを使えたら一番良いんだけどね

そこに住み続けるのも可能だし

支払いは利子のみだから

条件はあるらしいけどダメもとで

売却よりは早いよ




残念ながらまだ取り扱っている銀行が

四国でもないんだ 地方は常に遅い

今後はわからないけど

他店の銀行でも可能とあった

東京スター銀行 ここが全国対応




この土地は売れる と向こうさんが

読んでくれたら借りられるかもしれない

でも大手は地方の地価なんて と考えるかも

しれないけど

事前に資産価値を調べておく必要はありだよ





ここらは評価格の5割くらいとある 借りられるのは

査定額がどんどん落ちてるからね

かなりたたかれるのは事実

一生懸命ローンを払って手に入れた家

できれば使いたくはないだろうけど

現物がない場合は仕方がないよ

築年数が古いなら地代だけの査定になるだろうね





大目は勿論無理 危ない 借りられるとしても

地方の不動産は価値が低いし

今後もどんどん下がる筈だから

借りられたらラッキーだろう





でも これはローンでも普通のローンとは違う

普通のローンは借りてもどんどん返済が進むから

元金は減るからね  でもこれは逆に増える

リバースは反対という意味

モーゲージは担保




金利の変動が怖いのと担保割れのリスクも

勿論あるから気をつけなくてはいけないんだけど

銀行は貸しはがしも得意だからね

しかし民間はハードルがかなり高いんだ

余裕のある富裕層向けだから






公的なところが勿論良いんだよ

都道府県 社会福祉協議会

保護を貰いたい人が家が売れなくて

相談する窓口

評価格の7割程度受けられる

何より金利が安い




でもまだこの愛媛の自治体では扱って

ないだろうから

あれば良いんだけどね

今後という意味で書いておくね

みんなが貧窮しやすくなるから地方でも

そういう方向性になるかもしれないから




他の調達を考えるのなら仕事を持ってる時の

ほうが良い これは必須

辞めてからでは貸してもらえない


返済の目途がつかないと読まれると無理だから


当たり前だけど





親の年金と余分な資金がもし使えると思うと

少しは気も楽になる


見送った後自分が生活する資金の事も

考えておかないといけないからね

仕事を辞めるのは絶対にお勧めしない





される側は元気になっていずれ社会復帰できる

人たちではないんだから


でも大きな持病でも持ってない限り

わりと長生きする人が多いからね

看ている側が疲れやすい




自宅介護が生きる環境の全てになってきたら

アウトだよ 自分が壊れる

愛情だけでは限界も来ると悟っておこう







ある意味 親稼業も大変だよね

生んで育てて一人前にして年取って

長生きしたら子供に疎ましがられるんだからね

そこそこのお金を持って自分の事を最終まで

自分で面倒をみられるようにしておかないと

辛い余生になる





御老人になると特に趣味を持ち良い交友関係や

生きがいが絶対に必要だよ

こういう人達は本当になりにくいから

メンタルな部分は大きいんだよ




普通は70歳代になると介護の必要が

起きてくることが多い

人にもよるんだけど

人は希望を無くすとなりやすいからね

特に伴侶を亡くしてからがなりやすい






ま、介護は自分を育ててくれた

恩返しみたいなもの


精一杯しとこう 後悔しないように

管理人は後悔が少しあるからね 今も

渦中では思えなかったけど





人って愚かだから過ぎて気がつくんだよ

過ぎてしまって もうどうにもならないんだけど


本当に「後悔先に立たず」だよ




今若い人達は優雅な老後が待っている

とは考えない方がいいと思う 残念ながら

これについては次ページで詳しく書くから

する事 出来る事 頑張ってやっておこう

人はしてきただけのものを受け取る









これからは自分の事は自分で の精神でないと

厳しいからね

迷惑をかけた分だけはいずれ どこかで

かけられるよ

管理人も過去世でかなり迷惑をかけて

きたんだろうと思った






これからは色々な意味で厳しくなることが多いから

相談に乗ってくれる泣きつけるところを

そこそこ持っておこう

普段から人を大切にして生きていれば

助けてくれるから少し楽になれるよ




何もかも持ってると高笑いしている人だって

悩みは起きるんだよ


悩みのない人なんていないからね

自分だけではないよ

何で悩むのかだけの違い






世の中には人の2倍も3倍も働いて

できる努力も死ぬほどしても辛い人はいるよ

前世からのカルマかもしれないね

カルマは侮らない方が良い

だから新しいカルマを創ってはいけない





今からはほとんどの人がカルマを出され

悩みのオンパレードになるかもしれない

そういう時期に入ってるからね  だいぶ前から

起きだしたら起きるよ 意外と




どうせ今世は束の間のバーチャルリアリティ

楽しもうが泣こうが自分の心がけ次第

一喜一憂する必要は本当はない

貧乏できるのもこの世だけの刺激的な出来事

これを辛い渦中にそう考えられるかどうかだけど

これがわかれば少し楽になれるんだけどね

ここでの辛さは永遠ではないんだから





2017年 6月 3日  次ページへ


ホームへ